Wed, 21 Apr 2004



歴史と事実[# ]edit

歴史は語り継がれてくるもの。事実とは違う。 あるものは美化され、あるものは歪曲されていく。 ある方向から見ると、Aと見え、ある方向から見るとBと判断される。 あいまいなものである。

歴史は世界で同じように教えているかといえばそうではないだろう。日本は日本で認識している歴史を教え、他の国では他の国で認識している歴史を教える。

歴史はあるとき変わる。あたらしい事実が付加された時点で。 違う解釈が生まれた時点で。

とてもあいまいなもの。 そんなあいまいな歴史の中で人間は戦争を繰り返し起こしている。 いつまでもあいまいな歴史に教わることもせずに。

カテゴリ/diary | |

Wed, 18 Feb 2004



ガキの喧嘩だ。[# ]edit

ライブドア、イーバンク銀行との提携関係に関わる“騒動”を説明

● 声紋鑑定の初期調査は“シロ”  2004年1月にはライブドアの堀江、宮内両氏によるイーバンク銀行取締役就任が、同社取締役会にて却下されるなど、両社の冷え込んだ関係が表面化。ライブドアでは、宮内氏が所有する携帯電話へ、イーバンク銀行松尾泰一代表取締役社長とされる人物から連絡が入り、その留守番電話に保存された「ライブドアを潰す」という音声データも公開した。  この電話について、イーバンク銀行では「外部の専門機関により偽造の可能性が極めて高い」と公式に否定。一方ライブドアでは、イーバンク銀行松尾氏の音声データを別途入手。今回の会見で「裁判用声紋鑑定機関に同一性の証明を依頼した。声紋鑑定には3カ月程度かかるが、初期調査によればメッセージに人工的な加工の痕跡は見られない」(塩野氏)としている。なお、「圧力がかかる可能性がある」ため、声紋鑑定機関の名称は公表していない。  留守番電話の音声データを公開したことについては、「ある種エキセントリックな対処方法だった。ただし、間違ったことはやっていない」との認識を示した。その後のイーバンク銀行の否定に対しては、「内心忸怩たるものがあったが、再度ライブドアからニュースリリースをした。今後は司法の手に委ねたい」としている。

文章としておかしいと思うのは私だけだろうか。 誤解を招く表現はメディアとしてどうかなと思うことが多々ある。watch系しかりItmediaしかり。 普通に考えれば、音声が本人のもの=クロ ではないか? それを● 声紋鑑定の初期調査は“シロ” と書いている。 意図は分からなくもない。ライブドア側の疑惑はシロと言いたいのだろう。 しかし、それでは明らかにebankよりの意見だなと思う。 声紋鑑定なぞしなくても。松尾氏の携帯電話の通信記録と留守番電話の記録だけでもある事実が見えてくる。松尾氏からの携帯電話からだと主張しているのだから。そこに矛盾があって初めて声紋鑑定をすべきだ。 泥仕合となっているのは明らかだが、周りが(報道する側)泥仕合になるような報道をしているのはアホらしいなと思う。

カテゴリ/diary | |

Tue, 27 Jan 2004



指紋認証機能つき携帯F900i[# ]edit

指紋認証精度が向上した「F900i」、利便性の高い機能を豊富に搭載

しかし「F900i」では、わずかに3回なぞるだけで登録が完了し、認証時もかなりの確率で成功する。スムーズに認証されるため、ストレスが軽減され、「プライバシーモード」の利便性向上にも一役買うことにも繋がっている。ちなみに端末内に保存できる指紋データは、全部で10個だが「プライバシーモード」解除に利用できるのは、そのうち1つだけとなっている。

認証精度の向上と書いておきながら明確な数値がどこにもないのですが、これで読者は騙されると思うのかなあ>記者さん。

指紋認証の世界では3回登録なんてものは標準的な回数だ。決して少なくない。暗証番号を変更するのに3回も打ちますか? 一般的に多くて2回だ。登録回数が減る=精度が上がったとでも言いたいのかねこの記事は。そもそも『かなりの確率で成功する。』ってことは失敗するんだろw

バイオメトリクス一般に言えることだが100%保証することはまずありえない技術なのをどのくらいの人が認識しているのだろうか。 暗証番号を正しく打てば100%の精度はあります。しかしバイオメトリクスは正しい指紋(その他特徴)を入力しても100%の精度は保証できない技術です。

バイオメトリクスが新聞等でニュースになるとき99%の認識率と一見、凄いレベルかと感じるかもしれないが。それだと100回に一回失敗するのですよ。正しい入力でも。 バイオメトリクスの世界は99.999% 成功するとかそれくらいの精度が求められている。 本人が失敗する確率が0.001%、他人が間違って認証される確率0.001%とかで一般にはスペックを示している。 他人が入れる可能性もスペックとして存在するのである。

正直Fの指紋認証の実装は明確なスペックも明らかにせずおもちゃとしてのバイオメトリクスを入れているとしか見えない。 ごまかすのではなく。携帯という大きなマーケットに投入するのであれば、きちんとした数字でスペックを見せるべきではないのか?と個人的には思う。

カテゴリ/diary | |

Mon, 19 Jan 2004



H.264[# ]edit

今号の日経エレクトロニクスでH.264の特集が組まれている。とりあえず、さらっと流し読みな日。

PSPにてH.264が採用されるっていうのはほんとなのかねえ。時期的にまだハードウェアが対応できないような気がするが。実用的なハードウェアが2004年内に出来るとはちょっと思えない。(消費電力、チップ面積)

で、個人的に思うのは・・ JPEG2000は? という点w

静止画のコーデックは普及が遅いのかなあ。 まあ、動画みたいに各社がいろんなフォーマットを作ったりはしてないからかもしれないけど。音声。動画のコーデックは正直MPEG4もそれなりに普及していったようなのに。静止画のコーデックはいつまでもJPEGなんだなあと。デジカメもそろそろ1000万画素が見えてきているのだが、正直300万画素でJPEG2000で圧縮したらそれなりってのはないかなあ。 まあ、RAWデータが保存できたりするのもあるからそれで満足な人もいるのかね。

カテゴリ/diary | |

Thu, 08 Jan 2004



新技術とその普及について[# ]edit

新技術が実際にどれくらいの期間をおいて普及するかは技術そのものによるだろうが、一般に時間がかかる。MPEG4,JPEG2000の普及具合を見れば明らかだが、規格として決まったものの実際に製品に使われるようになるまでは時間がかかっている。ようやくMPEG4は製品に載ってきているが、JPEG2000はまだ普及の兆しも見えていない。正直MPEG4の普及はこれからだと思うんだけども。H.264なんてのがすぐそこに来ている。

新技術がその力を発揮する前に廃れた技術になる可能性も十分ある。 JPEG2000なんて普及するのかね? とか思ったりもする。 当たり前のことだが、新技術が使われるには結局はその受け皿がないと普及しないわけだ。規格決めてる人って大体が受け皿のこと考えていないんですよね。ハードウェア的なスペックが無尽蔵にあると思ってとてつもなく重い処理のコーデックを考えてたりするのでw

と、相変わらず内容がまとまらずに終了。

カテゴリ/diary | |


<< Prev

Outside of mind

About this web
NaotoBlosxomを使って適当に更新するサイト。別サイトINTO THE WORLD管理者。

Ama

awsxomlist

category

Archives

[ 2005 ]
08 /
[ 2004 ]
01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 /
[ 2003 ]
11 / 12 /